学校経営方針

学校経営方針

湯津上中学区コミュニティースクール(学校運営協議会)と

小中一貫教育について

 蛭田小学校の心・・・博                    

蛭田小の教育目標

本気で学ぶ子 感動   

目指す学校像   学び合う学校

目指す児童像   たくましい子ども

目指す教師像   子どもに向き合う教師

努 力 点 及 び 具 体 策2021

◇ 創意ある学校経営の推進

 (1)義務教育9年間を見通した、開かれた特色ある学 校づくりを推進する。

  ◎インクルーシブ教育の実践と児童の「学校幸福度」の向上に努める。

 (2) 研修を充実し、教職員の資質向上を図る。

 (3)「子どもと向き合う時間」を確保し、熱意ある指 導をする。

◇ 確かな学力の育成

 (1)学業指導を推進し「学びに向かう集団づくり」「子 どもが意欲的に取り組む授業づくり」に取り組む。

 (2)課題解決に必要な「資質・能力の3つの柱」を育 成する。

 (3)基礎的・基本的な内容の確実な「習得」と習得し た知識・技能を「活用」する力を育成する。

 (4)言語活動の充実を図り、「思考力」「判断力」「表現 力」を高める。

 (5)家庭学習の習慣化に努める。

◇ 豊かな心をはぐくむ教育の推進

 (1)「ありがとう運動」を推進し、望ましい人間関係 を醸成し、児童の自己重要感を高める。

 (2)道徳の時間の充実を図り、教育活動全体を通じて道 徳性を養い、道徳的な判断力・心情・実践意欲と態度を育てる。

 (3)特別活動の充実を図り、児童の自主的・実践的な態度を育てる。

 (4)感動を味わい、成就感を実感できるような豊かな体験活動を工夫する。

◇ 安全教育・食育・体力づくりの充実

 (1)健康増進と安全教育の徹底に努める。

 (2)食育の推進に努める。

 (3)体力の向上に努める。

◇ 開かれた学校づくりの推進

 (1)地域との双方向の交流に努める。

 (2)主体的・自主的なPTA活動を推進する。

 (3)雄飛が丘学園 小中一貫教育を推進し、「ふるさとを 愛し、未来に羽ばたく児童生徒」の育成を目指す。